スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

床材をどうするか。 木の町で思う事。- 四国・久万高原 古民家再生

床材をどうするか。 木の町で思う事。

こんにちは。四国・久万高原の古民家再生ブログです。先日、久万高原町の役場の方より、「ブログを見ています。」と言われて、うわっ。あんまり下手な事は書けないぞと、、一瞬思ったんですが、自分たちは町の外から来た人間として、久万高原の良い所もわかるし、悪い所もわかります。ここは、中立的な立場で、どっちも書いていくつもりなので、手堅い「町興しブログ」にはならない事を断っておきます。

さて、ここ久万高原は知る人ぞ知る木材の町、林業の町です。町には、こんな製材所(?)がいくつもあります。

久万高原と言えば、木の町だそうです

やはり、久万高原と言えば、木の町だそうです。

自然林だとは到底思えない、きちんと並んだ木々。このような山がずぅぅぅーーーっと続きます。自然がいっぱいなんて、言って良いんでしょうか。。個人的には、いろんな種類の木や植物が生息している森が好みです。まぁ、日本中こんな感じで、植林された杉やヒノキでいっぱいなのは知っているんですが、もう少し木材需要も考慮して計画的にやるべきではないでしょうか。(花粉症で苦しむ自分が最も言いたかった事です。)

古民家の床材には無垢のヒノキを使いたいと思っていたので、久万の大工さんに、地元産のヒノキの床材を格安で手に入らないか聞いておりました。木に溢れている、木の町だよ。絶対、驚きのプライスで手に入るはずと思っていました。都会に住んでいたら、こういうメリットはないんですが、田舎ですので、山の幸を格安で頂く事が出来るんです。

そして、数日後。久万の大工さんから返って来た答えは、「久万高原に床材を作るための製材する機械がない」でした。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。やられました。

そうなんです。切ってきた丸太を、床材(フローリング)用に製材しないといけないわけで、少ない量であれば職人の手作業でもなんとかなるが、結局コストが上がってしまう。安く仕入れたいなら、機械で製材されたフローリングを選ばないといけないので、製材する機械がない久万高原では、格安で仕入れる事が出来ない。シンプルな答えです。

それどころか、こちらの大工さん達は、床材に合板ベニアのフローリングを勧めてきます。無垢フローリングとの違いは、仕入れも安く、施工も簡単。材料も手に入りやすい事でしょう。はっきり言って、合板ベニアのフローリングが好きではありません。なんか工業製品のような感じがするからです。

実家の床材は全て合板フローリングだ!

こちらは、実家のフローリングです。全て、合板の床材です。きれい過ぎて、違和感があります。木のぬくもりも感じません。家全体をパネルやパーツで張り合わせた感が漂っています。そう。きれい過ぎる違和感なんです。

なので、床材はネットで探す事にしました。地産地消を夢見ていましたが、苦渋の決断です。こんなに木に溢れていて、それを生かす事が出来ないなんて、もったいのない話です。それよりも、花粉の出ない杉やヒノキとかないんですかね。林業で潤っている人たちはしょうがないけど、僕たちは苦しむだけですから。。。。(あ〜〜やだやだ)



当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。
(順位が重要ではないですが、順位が上がれば、モチベーションも上がります。)
情報が少しでもお役に立てた(面白い!)と思っていただけたら、
下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。
引き続き、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2015.09.05 | | コメント(0) | 古民家再生

床材を選んだ!  四国・久万高原 古民家再生

床材を選んだ!

毎度、ご覧頂き有り難う御座います。四国・久万高原の古民家再生ブログです。初めて、このブログに来られた方は、ブログ左側の月別アーカイブより古い記事をご覧頂けます。久万高原ってどこですか?って人も多くいらっしゃると思いますので、そのような方は、こちらの記事をご覧下さい。

さぁ 物件探しだ! 四国ってどこ?

さて、地元で地元産の床材が手に入らなかったので、、、、便利なネットで床材を探す事になりました。有名どころでは、「無垢フローリングドットコム」と言うサイトがありまして、そちらで試しに見積もりを出してもらいました。大体の計算で10坪ほどの広さなので、予備を入れて11坪分を注文します。

木の種類は、檜(ヒノキ)です。最初、杉も検討しましたが、檜の床材を見てから、断然ヒノキになりました。古民家にも合っているでしょう。自分たちで塗装をやるので、無塗装(何の塗装もしていないもの)を選びます。こちらのサイトですが、対応もスピーディーで、流石としか言いようがありません。連絡をした即日に見積もりが出ました。

無垢フローリングドットコム見積もり


こんな感じです。久万高原までの送料も入ってます。1坪あたりだと17,000円ほどになります。ホームセンターで、塗装されたヒノキのフローリングが、1坪で13,000円ほどだったので、決して安い価格ではない事が判ります。対応は素早く、早急に床材が欲しいのであれば、思わず頼んでしまうところでしょう。

ちなみに他の四国のヒノキを扱っている業者は、納品までに1ヶ月ほどかかるそうです。受注生産って事ですね。無垢の床材は、保管にもケアが必要で、多くの在庫を持てないそうです。別のお店も探してみます。

他の方のブログを見ていた時に、1件の材木屋さんの情報がありました。「健康無垢の材木屋イー・ウッド」さんです。関東にある業者さんですね。木の町(久万高原)にいながら、関東の木材を注文しないといけない状況は少し複雑ですが、これも市場の原理です。安く良いサービスが選ばれてしまいます。ここは、楽天市場に出店しているので、支払いや何やらも安心出来ますし、何よりポイントも付きます。(嬉)

普通のネットショッピングのように、ズラっと並んだ商品(床材)から希望の物を選んで、数量を決めて、カゴに入れます。これが、現代の床材購入です。

タイムセール(?)のような、恐らくキャンセル等で出て来たセール価格の物もあります。セール品も含めて11坪分を選んで、カゴに入れて(カゴに入る大きさではないが、、、、、)購入手続きへ進みます。合計金額に注目です!!

イー・ウッドさん見積もり


こちらも送料が入っております。なんと5万円以上の価格差があります!3メートルの物がセール価格だったので、5ケース(5坪)しか買えませんでした。後の6ケース(6坪)は、2メートルの物です。それにしても5万円の差は大きいですね。1坪あたりの価格は、約13,000円ほどになります。迷わず、ここで購入。注文後、3日で納品と言う事です。早っ!! 続いて、床材の搬入です。



当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。
順位が重要ではないですが、順位が上がれば、モチベーションも上がります。
情報が少しでもお役に立てた(面白い!)と思っていただけたら、
下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。
引き続き、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


2015.09.09 | | コメント(0) | 古民家再生

床材来たぁ! 四国・久万高原古民家再生

床材来たぁ!

毎度、ご覧頂き有り難う御座います。四国・久万高原の古民家再生ブログです。度々、言っておりますが、本業はミュージシャンですので、大工仕事は全くの素人です。慣れない作業に、日々体を痛めながらやり続けております。。。こんな我々への評価なんですが、面白いように、世代/年齢で別れています。60代以上の人達は、家を直すのに専門の業者に頼むのが普通で、DIY(自分たち)でやる事に違和感があるようです。まぁ、金ならいくらでも出せると言いたいんでしょうか、、団塊世代の人達は。。比べて、若い世代の方は、もっと頭が柔軟(やわらかい)で、価値観の多様性を認め、一定の評価を頂いております。世間体ばかり気にしてる団塊世代 VS 創意と工夫に満ちたニュージェネレーションてとこですね。頑張ります!

さて、注文していた床材(無垢のヒノキで、無塗装)が、あっけなく現場に到着しました。

軽トラに積まれた床材

古民家に車を直接つけられないので、国道から手で運びます。この手で作曲もするし、この手で床材も運ぶ。手は創造の源泉なのです。(哲学ってる場合じゃない、さっさと運べ!)

運送屋の兄ちゃんと一緒に運ぶ

運送屋のお兄さんと一緒に運びます。慣れない力仕事にヘトヘト。。。お兄さんは余裕そうに見える。。

疲れてるが、そんな表情は見せられないでしょのV

一応、Vはしているが、実際はヘトヘトです。(上さん撮影)

運んでやったぞ!

11ケース全て運び込みました。無垢の床材は、思った通り重かったです。慣れない搬入作業にヘトヘトになり、余裕の表情の運送屋さんにサインして、運送屋さんはササっと帰っていきました。すると!!!!!!何と言うことでしょう!!!!!家の中がヒノキの匂いになったじゃないですか!!!散らかってはいますが、気持ちだけはヒノキの森の中に入っています。ヒノキ風呂の匂いですね、これは。無垢のままでも十分良いんですが、家の色目の事も考えて、こちらに塗装を致します。

手間ひまをかければ、大変ですが「思い出」にもなります。業者さんが貼付けたパネルの床材では、面白くないでしょ? (さりげなく皆さんにDIYを勧めている。。)そして、人生すらパネルの貼り合わせになってませんか? 今回はこれで締めます。



当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。
順位が重要ではないですが、順位が上がれば、モチベーションも上がります。
情報が少しでもお役に立てた(面白い!)と思っていただけたら、
下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。
引き続き、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


2015.09.13 | | コメント(0) | 古民家再生

6畳間と3畳間の2部屋を1部屋にする! 四国・久万高原 古民家再生

6畳間と3畳間の2部屋を1部屋にする!

毎度、ご覧頂き有り難う御座います。四国・久万高原の古民家再生ブログです。素人大工どころか、お恥ずかしいレベルのド素人ですので、日々失敗を繰り返しながら、痛い目にもあっております。。。これも体験として、楽しみたいと思っているのですが、落胆する日も多いです。。このブログが少しでも「ド素人大工」の皆さんに希望と勇気を与えればと思っております。やれば出来ます!(でも、失敗します。。。。)

さて、今回は。6畳間と3畳間の2部屋を1部屋にする!です。6・3・2・1と並びも良し。。リノベーションの定番中の定番。和室の2部屋を大きな1部屋にします。こちらの古民家は典型的な「田の字」の構造をしていて、6畳が2間、3畳が2間、襖と障子で分断されています。それで、古民家東側(庭のある方)の2間を1部屋にしてみます。

部屋と部屋の境にある、何て言うんだコレ。。

コレ。この部分。何て言うんだ? とにかく、部屋と部屋の間の上の方にある壁。コレ!壊します!!

壁です。

薄汚い砂壁。漆喰の上に、この砂壁があります。

トンカチで穴を開けてみた

トンカチの反対側で、ちょこっと穴を開けてみたら、土がポロポロ落ちました。竹の姿も見えます。まとめると、表面から、砂、土、竹と奥に続いています。更に進めます。

壊す。

土が飛び散るので、マスク着用。

砂を頭にかぶるので遍路の時に使った笠をかぶる

頭に土をかぶるので、遍路笠を着用。(この笠で実際にお遍路をやりました。)

4分の1が終了

4分の1が終了。

土壁が落ちた

漆喰と土壁が無惨にも落ちる。

片面が壊れた。

そして、片側の土をはぎ取りました。続いて、反対側へ。

反対側も壊していく

竹と竹の間から反対側が透けて見えます。

土を全部落としたぜい!

遂に両側の土を全て落としました。それにしても、竹が美しいな。。竹の美をご覧下さい。

竹の美1

竹の美2

コレって見えない部分なんですよね。すごくないですか!? 昔の大工さんの苦労と粋(いき)を思い知ります。今だったら、合板パネルを貼って、ビニールクロス貼って、おしまいですからね。。左官の大工さんは、土壁からビニールクロスになった事で、随分と楽になっただろうなぁと思います。

竹は美しい

それに、「土・竹・木」と全部自然素材だったりもするので、ビニールと接着剤で包まれる現代の家とは大違いなのが判ります。壊すのが非常にもったいないですが、次回は、こちらの竹も解体していきます。



当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。
順位が重要ではないですが、順位が上がれば、モチベーションも上がります。
情報が少しでもお役に立てた(面白い!)と思っていただけたら、
下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。
引き続き、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


2015.09.17 | | コメント(0) | 古民家再生

2部屋を1部屋にするの続き。ついでに天井もぶち抜く。 四国・久万高原 古民家再生

2部屋を1部屋にするの続き。ついでに天井もぶち抜く。

毎度、ご覧頂き有り難う御座います。四国・久万高原の古民家再生ブログです。古民家を再生して、旅とアートを融合した宿泊可能なアートスペースを作ります。僕たちは、この町の出身でもないので、はっきり言えば、「地元愛」のようなものはありません。初めは、高知の室戸の方も面白いかなぁと思ってたし、数々の候補地の中から、消去法により、、、ある意味偶然的にこの地になったぐらいなんです。。。まぁ、今後、こんな感じで住む場所や生きる場所を、偶然的に選ぶ人達が増えていくんでしょうね。日本人の土地に関する執着や、地元愛も変化していくと思われます。まとめれば、、、「人生の多様化」と言う事ですね。いろいろな人がいるんです。いろいろな文化があるんです。偶然を楽しんで参りましょう。

さて、今回は。前回の続き。古民家東側の6畳と3畳の2部屋を1部屋にする。そのついでなんですが、天井もぶち抜いてしまいます。それでは〜。

土を全部落としたぜい!

前回、こんな感じで、土壁を取り除きましたが、この竹たちも取っていきます。

竹もとる

取ってみました。続けます。

あっけなく全部取る

あっけなく、全部取れました。竹と竹は、縄のようなもので編まれている感じです。そんなに難しい作業ではありません。

取った竹と縄

外した、竹と縄です。土の匂いが立ちこもっています。

隙間が見える

見上げると隙間が見えます。どんな構造になっているのか、天井を抜いてみるしかありません。早速!

ちょっと抜いてみた。。

ペラッペラの薄い天井材なので、抜くのは簡単です。トンカチで上に向かって突く感じで、エイーー!っと、抜けました。

屋根裏の大きな梁が見えた

屋根裏の探検をした時に見た、大きな梁(はり)です。建築用語的にはどうなんだろう。縦が柱(はしら)で、横が梁(はり)なんですかね?かっこ良ければ、どっちでも良いんですが。黒々した梁(はり)のお目見えです。その梁にくっついている感じなので、取っても問題ないと判断。。。。次回は、コイツらを取って、そしてペラッペラの天井材もぶち抜いていきます。



当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。
順位が重要ではないですが、順位が上がれば、モチベーションも上がります。
情報が少しでもお役に立てた(面白い!)と思っていただけたら、
下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。
引き続き、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


2015.09.23 | | コメント(0) | 古民家再生

2部屋分の天井を全部ぶち抜いた。 四国・久万高原 古民家再生

2部屋分の天井をぶち抜いてみた。

毎度、ご覧頂き有り難う御座います。四国・久万高原の古民家再生ブログです。シルバーウィーク(なんだ、そのネーミング。。)の期間ですが、久万高原は随分とにぎわっておりました。観光客もそうですが、とにかく、お遍路さん多かったです。それほど暑くないので、9月はお遍路にはベスト・シーズンて事なんでしょうね。ついつい先を急ぎがちなお遍路さんですが、こちら久万高原で、ちょっと一休みするのも良いと思います。早く、おもてなし(お接待)出来るようなスペースが完成出来れば良いなぁ。

さて、前回の続きで、ヘナヘナになってる薄っぺらなベニアの天井材をぶち抜いてみる事にします。

ほこりが降ってくる〜〜

容赦なく天井裏からホコリが降って来るので、遍路笠をかぶっています。よくわかりませんが、トンカチを上に向かって突いているだけです。プロの方がどうやってるか知りません。とにかく上に突くだけす。

抜けた

抜けたよ

いったん、半分抜けました。黒い天井が見えて来ました。

あいつだ!

天井裏を探検した時に見た、この家の設計図のようなボードの姿も! 続けて、もう半分も抜いていき、、、、

もう少しだい!

残り2枚までいったところで、一休み。。。50年分のホコリが降って来るので、たまりません。。。なかなかハードな作業です。

抜いたぜ〜

そして、遂に。2部屋分の天井をぶち抜きました。おつかれさまです。では、恒例になりましたが、吹き抜けの天井の美をご覧下さい。

吹き抜け天井の美1

吹き抜け天井の美2

吹き抜け天井の美3

黒い柱と梁(はり)が美しいですね。ホコリまみれになって大変でしたが、達成感のある作業でした。



当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。
情報が少しでもお役に立てた(面白い!)と思っていただけたら、
下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。
引き続き、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


2015.09.30 | | コメント(0) | 古民家再生

«  | ホーム |  »

プロフィール

TENGGER

Author:TENGGER

ミュージシャン/アーティスト「TENGGER(テンガー)」によるDIYスタイル古民家再生記録。
2015年5月。四国・久万高原にて、元・農家の築50年のおうちを購入。そこをアートスペース、ショップ、スタジオ、オフィス、そして歩き遍路さん向けの善根宿(フリーステイ)へ改装を計画しています。



TENGGER OFFICIAL SITE | テンガー公式サイト
tengger.net

直接のコンタクトは、こちらのEメールでお願いします。txnxgxr@gmail.com


---------------------------

Kumakogen Project

テンガーによる、久万高原での活動の総称『久万高原プロジェクト』。古民家再生を皮切りに、音楽/自然/旅/アートを融合した様々な活動を計画しています。


Eメールkumakogenproject@gmail.com


Kumakogen Project Official Site | 久万高原プロジェクトプロジェクト公式サイト
kumakogenproject.org

Kumakogen Project Official Facebook |公式フェイスブックページ

facebook.com/kumakogenproject

フェスブックページでは、日本語、英語、韓国語で発信しています。


ブログ村

当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。情報が少しでもお役に立てたと思っていただけたら、下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。引き続き、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。