FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

購入した古民家の敷地・間取りをチェック!暮らし方を考える

購入した古民家の敷地・間取りをチェック!暮らし方を考える

それでは、我々が購入した古民家の敷地・間取りを改めてチェックしてみます。まずは、古民家建物とその回りの位置関係と方角を確認します。下の図をご覧下さい。

敷地

ちょっといい加減な図なんですが、大体の位置関係はこんな感じです。ちなみに広さは、畑まで含めると、およそ180坪ほどになります。庭の敷地が充分にありますので、息子の遊び場にもなるし、花壇や枯山水なんか作っても良いくらいですね。

古民家の両サイドに物置倉庫があります。北側の倉庫が大きくて、そこは善根宿(遍路さん向けの無料宿)にする計画です。シルクスクリーンや、DIYの様々な製作(クラフト)もやっていますので、そのような作業もそこでやる予定です。耕耘機や農機具が入っていた倉庫2は、残念ながら解体を予定しています。

後でも繰り返し、お話しますが、僕らのくらし(暮らし方)は、より大きく、より多くを望んでいません。
決められたスペース内で、身の丈に合ったサイジングで暮らして行ければと考えています。先人たちの知恵も、多いに耳を傾けて行くつもりです。そのためには、昔の日本人が、この古民家でどういう暮らしをしていたかを研究する必要があります。その話は、今後おいおいに語っていきます。
次に、古民家の詳細な間取りです。下のいい加減な図をご覧下さい。


古民家の間取り

どうでしょうか。そんなに広い物件ではないですが、上手に小さく暮らして行けるのではないでしょうか。古民家最大の特徴、広い玄関と広い土間は重宝します。ツゥーっと勝手口に抜ける土間の道も、機能的で、恐らく風通しを考えての事だと思います。古民家のディテールを見てみると、昔の人たちが、いかに風通しに重きをおいていたのか、思い知ります。エアコンと言うものが無い時代の知恵と工夫。今や各部屋にエアコンなんて当たり前ですが、こういう間取りですと、家全体に風が流れていくのが判ります。

そして、濃い黄色い部分の部屋が、問題の床が抜けているところです。10年ほど、空き家だったと言いますので、恐らく風を入れてなかったのが原因で、基礎部分が湿気でやられてしまったんだと思います。そう言えば、母が口癖のように「家は風を入れないといけない。」と言っている意味がわかったような気がします。しかし、入った風は、出て行かないと意味がない事も知りました。それが換気です。風の出口の事も考えてやらないといけないのが、古民家なのです。

水回りは、やはり使いやすいように幾つか改善する予定ですが、システムキッチンは入れたくありません。たまに、システムキッチンの入った古民家再生の例を見ますが、やりすぎな再生だと我々は感じます。多少(多少ですよ。。)、不便なくらいが古民家暮らしなのではないかと考えています。小さく豊かに暮らす。それが目標です。豊かさとは何かの定義もやらなくてはいけませんね。なんせ、煩悩の家(108万円)ですから。それでは、続いて内部の写真と共に、じっくり見てみましょう。



当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。
情報が少しでもお役に立てた(面白い!)と思っていただけたら、
下のアイコンをポチリ(古民家再生/平屋住宅)と押してくださいませ。
引き続き、よろしくお願い致します。


にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト

2015.07.03 | | コメント(0) | 古民家再生

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

TENGGER

Author:TENGGER

ミュージシャン/アーティスト「TENGGER(テンガー)」によるDIYスタイル古民家再生記録。
2015年5月。四国・久万高原にて、元・農家の築50年のおうちを購入。そこを(宿泊可能な)アートスペース、そして歩き遍路さん向けの善根宿(フリーステイ)へ改装を計画しています。



TENGGER OFFICIAL SITE | テンガー公式サイト
tengger.net

直接のコンタクトは、こちらのEメールでお願いします。txnxgxr@gmail.com


---------------------------

Kumakogen Project

テンガーによる、久万高原での活動の総称『久万高原プロジェクト』。古民家再生を皮切りに、音楽/自然/旅/アートを融合した様々な活動を計画しています。


Eメールkumakogenproject@gmail.com


Kumakogen Project Official Site | 久万高原プロジェクトプロジェクト公式サイト
kumakogenproject.org

Kumakogen Project Official Facebook |公式フェイスブックページ

facebook.com/kumakogenproject

フェスブックページでは、日本語、英語、韓国語で発信しています。


ブログ村

当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。情報が少しでもお役に立てたと思っていただけたら、下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。引き続き、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。