FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

久万高原 108万円の古民家(煩悩の家)のディテールを見る

久万高原 108万円の古民家(煩悩の家)のディテールを見る

前回は、敷地と間取りを図で説明しましたので、今回は写真でじっくり見ていきます。この物件を気に入った幾つかの理由を申しましたが、改めて申しますと、家までの「のどかなアプローチ」、そして、庭で見た大きな栗の木でした。「大きな栗の木の下で」って曲がありますよね。あなたと私、仲良く遊びましょうと。ちょうど、3歳になる息子がこの唄を口ずさむようになって、この物件とマッチして気に入るようになりました。後で判りましたが、大きな柿の木もあります。ちなみに、この大きな木たちは、自分たちの敷地の中にはなくて、隣接している他人の敷地の中にあります。まぁ、木は眺めるだけで良いし、所有しなくても良いですよね。


のどかな周辺環境
のどかなアプローチ。田んぼの横を通って、家の敷地へ向かいます。見える山の景色も良い。

大きな栗の木
大きな栗の木の下で遊びましょう。


隣接している敷地
隣接している(他人の)敷地は、木の葉の絨毯(じゅうたん)が柔らかくて歩き心地が良いし、木陰が涼しい。



続いて、物件の外の様子へ。庭には、木や植物が植えられています。本当は、松の木があったそうですが、自分たちが入る前に切られたそうです。松ぼっくりが大好きな息子が残念がっているようです。。そして、物件東側には山が見えます。この山の外れに四国霊場第44番「大宝寺」がありますので、ここは弘法大師・空海の修行していた山だと思われます。岸壁に建つ本堂が有名な第45番「岩屋寺」もありますので、間違いなく空海は、ここ久万高原で修行をしていました。その山を眺めながら、日々精進して参りましょう。


庭
軒先と庭。本当は松の木があったそう。長い軒のおかげで陰になっていて涼しい。庭は少し荒れている。


庭から見える山
東側正面。空海の修行した山が見える。精進せねばいかんと思う毎日。



続いて、畑から古民家を見た写真です。畑は、草が生い茂っていますが、少し余裕が出来たら、野菜作りに着手です。ビニールハウスの骨組みだけが残っていますので、ビニールを張れば、また使う事が出来そうです。何を作ろうか妄想が弾みます。。広さも自分たちには充分です。この場所に、何かパブリックアートでも設置しようか考えています。

畑
畑は、草ボーボーです。パブリックアート設置予定。



続いて、大きな栗の木側から古民家の眺めです。右手に倉庫1が見えます。倉庫の真ん前にイチジクの木が生えていて、どうしたもんだと思案しています。あまりにも真ん前だからです。その付近には、天然なのか何なのか、ミョウガがたくさん生えています。このミョウガ共も、どうしたもんだです。


栗の木側からの古民家
大きな栗の木側からの古民家の眺め。

倉庫前のイチジク
倉庫1の真ん前に生えてやがるイチジク。



続いて、古民家南側の小さい方の倉庫、倉庫2の写真です。ここには、耕耘機や農作業に関する様々な道具が保管されています。手作り感のある、意外にも雨漏りもない、しっかりとした倉庫なんですが、一応、解体して新たに駐輪場を作る計画です。何やら、怪しい液体の入ったビンがあちこちにあって、恐らく農薬か何かだと思います。小さい子供もいますので、早いとこ片付けたいと思っています。

倉庫2
DIYスピリットあふれる倉庫2。農機具満載。怪しい農薬のビンとかが転がっています。


古民家の回りの環境のご紹介でした。続いて、内部のディテールの写真に参ります。




当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。
情報が少しでもお役に立てた(面白い!)と思っていただけたら、
下のアイコンをポチリ(古民家再生/平屋住宅)と押してくださいませ。
引き続き、よろしくお願い致します。


にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村












関連記事
スポンサーサイト

2015.07.05 | | コメント(0) | 古民家再生

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

TENGGER

Author:TENGGER

ミュージシャン/アーティスト「TENGGER(テンガー)」によるDIYスタイル古民家再生記録。
2015年5月。四国・久万高原にて、元・農家の築50年のおうちを購入。そこを(宿泊可能な)アートスペース、そして歩き遍路さん向けの善根宿(フリーステイ)へ改装を計画しています。



TENGGER OFFICIAL SITE | テンガー公式サイト
tengger.net

直接のコンタクトは、こちらのEメールでお願いします。txnxgxr@gmail.com


---------------------------

Kumakogen Project

テンガーによる、久万高原での活動の総称『久万高原プロジェクト』。古民家再生を皮切りに、音楽/自然/旅/アートを融合した様々な活動を計画しています。


Eメールkumakogenproject@gmail.com


Kumakogen Project Official Site | 久万高原プロジェクトプロジェクト公式サイト
kumakogenproject.org

Kumakogen Project Official Facebook |公式フェイスブックページ

facebook.com/kumakogenproject

フェスブックページでは、日本語、英語、韓国語で発信しています。


ブログ村

当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。情報が少しでもお役に立てたと思っていただけたら、下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。引き続き、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。