FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

畳をめくって床下をチェック! - 四国・久万高原古民家再生

畳をめくって床下をチェック!

毎度、ご覧頂き有り難う御座います。四国・久万高原にて、古民家再生をやっているTENGGER (テンガー)です。この古民家再生をきっかけに、そこで様々なアート・プロジェクトをやっていく計画なので、「古民家再生」が我々のゴールではありませんが、こうやって多くの方々に関心を頂いているので、きちんと記録していこうと思っております。 

*初めて来られた方は、ブログ左側にある「月別アーカイブ」をご覧頂くと古い記事より順番で見れます。*

さて、ゴミ(荷物)の片付けも結構進みましたので、いよいよ基礎工事に参ります。この基礎工事に関しては、やはり重要な部分なので、地元の大工さんにお願いする予定ですが、出来る事は、出来るだけ自分たちでやる。これを常に心がけております。
まず、こちらの古民家最大の修繕事項の一つ、落ちている床をご覧下さい。

床が落ちている

10年くらい空家だったと言う事で、床下の基礎の柱が腐って、シロアリの被害にでもあったんでしょうか。「家」って使わないほど傷むって言いますよね。日々使う事で、自然と風を入れている。木の家にとって通気は、息をする人のようなもんなんですね。その床下に下りて、回りもチェックしていきます。

床下は、伝統的な石場建て

手前に腐っている柱。奥を見ると、石の上に束(つか)が立っている「石場建て」と言うやつですね。「かよわい」ようですが、とにかくデザインはかっこ良いし、風通しも良さそうです。昔の人が、かっこ良さに、どれ程こだわったかは判りませんが(かなり、こだわっていると思う。)、時を経て、子孫たちに褒められて良い事じゃないですか。自分たちも、そんな仕事を残していきたいもんです。

床下から光が入る

別の写真。光が入って来ると言う事は、隙間があるって事です。風通しのための隙間なんでしょうね。大きい部分は結構大きくて、小動物なら入って来れそうです。そう言えば、片付けをしている時、ネズミが押し入れ付近にいたのを思い出した。この隙間から入って来たと言う事ですね。風通しは重要だが、やつらの侵入も困るな。。何とかしよう。続いて、畳を1枚めくると、

個性的な根太

薄い板が敷かれていて、それを1枚1枚とっていくと、何だこれは? 根太(ねだ)って言うやつですか。個性的な根太ですね。かよわい感じですが、これでは弱いでしょう。

畳をめくって床下に下りる

下りてみた。

6畳間の畳をとってみた

とりあえず、6畳の部屋の畳をとってみた。

薄い板もとっていく

薄い板も1枚づつとっていくと、大引(おおびき)のような太い柱が見えてきた。こちらも個性的です。

ゴミの整理をするイッタ

その頃、上さんは室内のゴミの整理。輝かしい表賞状の数々も、当人でなければゴミに過ぎません。

落ちた床の部屋

再び、落ちている床の部屋です。その時、梅雨時だったんで、床下に湿気のようなものを感じました。それもそのはず、床下が直接の土なんです。今時は、そんな施行はしないと思いますが、床下の湿気対策も必要です。次回は、畳を全てめくって、丸裸にしてみます。




当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。
情報が少しでもお役に立てた(面白い!)と思っていただけたら、
下のアイコンをポチリ(古民家再生/平屋住宅)と押してくださいませ。
引き続き、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

2015.07.26 | | コメント(0) | 古民家再生

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

TENGGER

Author:TENGGER

ミュージシャン/アーティスト「TENGGER(テンガー)」によるDIYスタイル古民家再生記録。
2015年5月。四国・久万高原にて、元・農家の築50年のおうちを購入。そこを(宿泊可能な)アートスペース、そして歩き遍路さん向けの善根宿(フリーステイ)へ改装を計画しています。



TENGGER OFFICIAL SITE | テンガー公式サイト
tengger.net

直接のコンタクトは、こちらのEメールでお願いします。txnxgxr@gmail.com


---------------------------

Kumakogen Project

テンガーによる、久万高原での活動の総称『久万高原プロジェクト』。古民家再生を皮切りに、音楽/自然/旅/アートを融合した様々な活動を計画しています。


Eメールkumakogenproject@gmail.com


Kumakogen Project Official Site | 久万高原プロジェクトプロジェクト公式サイト
kumakogenproject.org

Kumakogen Project Official Facebook |公式フェイスブックページ

facebook.com/kumakogenproject

フェスブックページでは、日本語、英語、韓国語で発信しています。


ブログ村

当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。情報が少しでもお役に立てたと思っていただけたら、下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。引き続き、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。