FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

古民家の裏の壁から突き出た「うるしの木」を切る

古民家の裏の壁から突き出た「うるしの木」を切る

こんにちは。四国・久万高原の古民家再生ブログです。久万高原ってどこだ?(四国ってどこだ?)って言う方は、こちらの記事からご覧下さい。

さぁ 物件探しだ! 四国ってどこ?

特に関東の方で、四国をご存知ない方が多数いらっしゃいます。関心がないんでしょうが、実はこの四国島、1988年の瀬戸大橋開通まで、島国の中の島国だったんです。そんな大昔の話ではないですよね。なので、現在も道路インフラは遅れているし、何と新幹線もありません!新幹線を見た事のない人が大勢います。事実です。田舎の中の田舎なんです。

さて、今回は家の裏の壁に突き出た「うるしの木」を何とかします。

うるしの木

これなんですね。小さい方の倉庫2の屋根にもたれかかっております。うるしは、アレルギーを引き起こし、木の下を通るだけで、かぶれてしまう人もいるほどです。こんな危険な木は放っておけません!
そこで、普段山仕事をしている母の出番です。電気のこぎりを持って、倉庫の屋根に上りました。

木を切る母

切ります。

切った木を落とす母

落とします。

落ちた「うるしの木」

落ちた。

母

ポーズをきめる母。

高齢なんだけど、そんなものものともせず、見事木の伐採をやり遂げました。それには周囲もびっくり。やるなぁ四国のカアちゃん。。。

伐採された情けない姿のうるし

そして、これが最後の姿です。あれだけ、我々を悩まし続けた(?)木の最後の姿がこれです。伐採を手伝ってくれた母に感謝。こういう場面では、長年の経験がものを言うって事ですね。すごいっす!その後も、母は敷地の庭木の剪定(せんてい)を次々に行いました。頭が上がりませんね〜〜。。。

剪定をする母



当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。
情報が少しでもお役に立てた(面白い!)と思っていただけたら、
下のアイコンをポチリ(古民家再生/平屋住宅)と押してくださいませ。
引き続き、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

2015.08.09 | | コメント(0) | 古民家再生

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

TENGGER

Author:TENGGER

ミュージシャン/アーティスト「TENGGER(テンガー)」によるDIYスタイル古民家再生記録。
2015年5月。四国・久万高原にて、元・農家の築50年のおうちを購入。そこを(宿泊可能な)アートスペース、そして歩き遍路さん向けの善根宿(フリーステイ)へ改装を計画しています。



TENGGER OFFICIAL SITE | テンガー公式サイト
tengger.net

直接のコンタクトは、こちらのEメールでお願いします。txnxgxr@gmail.com


---------------------------

Kumakogen Project

テンガーによる、久万高原での活動の総称『久万高原プロジェクト』。古民家再生を皮切りに、音楽/自然/旅/アートを融合した様々な活動を計画しています。


Eメールkumakogenproject@gmail.com


Kumakogen Project Official Site | 久万高原プロジェクトプロジェクト公式サイト
kumakogenproject.org

Kumakogen Project Official Facebook |公式フェイスブックページ

facebook.com/kumakogenproject

フェスブックページでは、日本語、英語、韓国語で発信しています。


ブログ村

当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。情報が少しでもお役に立てたと思っていただけたら、下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。引き続き、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。