スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

2部屋分の天井を全部ぶち抜いた。 四国・久万高原 古民家再生

2部屋分の天井をぶち抜いてみた。

毎度、ご覧頂き有り難う御座います。四国・久万高原の古民家再生ブログです。シルバーウィーク(なんだ、そのネーミング。。)の期間ですが、久万高原は随分とにぎわっておりました。観光客もそうですが、とにかく、お遍路さん多かったです。それほど暑くないので、9月はお遍路にはベスト・シーズンて事なんでしょうね。ついつい先を急ぎがちなお遍路さんですが、こちら久万高原で、ちょっと一休みするのも良いと思います。早く、おもてなし(お接待)出来るようなスペースが完成出来れば良いなぁ。

さて、前回の続きで、ヘナヘナになってる薄っぺらなベニアの天井材をぶち抜いてみる事にします。

ほこりが降ってくる〜〜

容赦なく天井裏からホコリが降って来るので、遍路笠をかぶっています。よくわかりませんが、トンカチを上に向かって突いているだけです。プロの方がどうやってるか知りません。とにかく上に突くだけす。

抜けた

抜けたよ

いったん、半分抜けました。黒い天井が見えて来ました。

あいつだ!

天井裏を探検した時に見た、この家の設計図のようなボードの姿も! 続けて、もう半分も抜いていき、、、、

もう少しだい!

残り2枚までいったところで、一休み。。。50年分のホコリが降って来るので、たまりません。。。なかなかハードな作業です。

抜いたぜ〜

そして、遂に。2部屋分の天井をぶち抜きました。おつかれさまです。では、恒例になりましたが、吹き抜けの天井の美をご覧下さい。

吹き抜け天井の美1

吹き抜け天井の美2

吹き抜け天井の美3

黒い柱と梁(はり)が美しいですね。ホコリまみれになって大変でしたが、達成感のある作業でした。



当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。
情報が少しでもお役に立てた(面白い!)と思っていただけたら、
下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。
引き続き、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

2015.09.30 | | コメント(0) | 古民家再生

«  | ホーム |  »

プロフィール

TENGGER

Author:TENGGER

ミュージシャン/アーティスト「TENGGER(テンガー)」によるDIYスタイル古民家再生記録。
2015年5月。四国・久万高原にて、元・農家の築50年のおうちを購入。そこをアートスペース、ショップ、スタジオ、オフィス、そして歩き遍路さん向けの善根宿(フリーステイ)へ改装を計画しています。



TENGGER OFFICIAL SITE | テンガー公式サイト
tengger.net

直接のコンタクトは、こちらのEメールでお願いします。txnxgxr@gmail.com


---------------------------

Kumakogen Project

テンガーによる、久万高原での活動の総称『久万高原プロジェクト』。古民家再生を皮切りに、音楽/自然/旅/アートを融合した様々な活動を計画しています。


Eメールkumakogenproject@gmail.com


Kumakogen Project Official Site | 久万高原プロジェクトプロジェクト公式サイト
kumakogenproject.org

Kumakogen Project Official Facebook |公式フェイスブックページ

facebook.com/kumakogenproject

フェスブックページでは、日本語、英語、韓国語で発信しています。


ブログ村

当ブログは、ブログ村のランキングに参加しています。情報が少しでもお役に立てたと思っていただけたら、下のアイコンをポチリ(古民家再生/DIY)と押してくださいませ。引き続き、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。